当前位置  :  威尼斯人娱乐开户 日本語

学校の簡単紹介

学校の簡単紹介

チチハル大学が遠くまで名を知られているタンチョウの故郷-チチハル市に位置します。嫩江浜に寄り添って、労働湖畔をめぐって、学校の占有面積は125万平方メートル、建築面積は67万平方メートル、「環湖大学」の名誉を有します。中国の黒竜江省の政府から「公園式学校」と話している。2007年に教育部から[高等学校本科教学の評価]によって優秀学校を名義されています。2008年に黒竜江省の政府から「和という校庭」十学校の一つです。2009年に[全国の精神文明のすすむ職場]と言う称号、といわれ、 在黒竜江省の重点建設学校となっています.

数年来、チチハル大学は飛躍的な発展を実現した。化学と化学工学院、コンピュータ工学院、理学院、文学と歴史文化学院、生命科学と農業林業学院、美術と設計学院、体育学院、外国語学院、経済と管理学院、軽工業と紡織学院、機械設備と電力設備工学院、通信と電子工学院、教育とマスコミ学院、材料科学と工学院、食品と生物工学院、マルクス主義学院、国際交流学院、継続教育学院などの学院を22個持っている。コンピュータのセンタ、大学英語の教学研究部、図書館などの教育補佐部門が三つあり、又は学校と国際 SOS児童村の協力で応用技術学院を創設してきた

学校は本科専門が66種あり、10個の学科部類に従属する。その中、英語、生物科学、芸術設計は、教育部の特色専門のために建てた。高分子材料と工事、英語、生物科学、化学工事と技術は、軽工学、商工業管理、応用化学、バイオロジカルエンジニアリング、漢言語文学、芸術設計などは省級レベルの重点専門として建て上がったことである。3つの1級学科、2級学科は32個、修士学位を授与する権力を持ち、その中応用化学、遺伝学と分析化学3つの学科は省級レベルの重点学科として、工事修士の権限も持っている。学校はすでに博士学位の新たに増加プロジェクトを通じていた。亜麻加工技術工事研究と開発センターは教育部の工事研究センターで、農産物(トウモロコシ)の加工工事技術研究と開発中心、ダイズの精密重加工研究と開発中心、亜麻加工技術工事研究と開発センター、通用重合体複合性工事技術研究と開発センターの4つの中心は省大学工事技術研究と開発センターであり、ファイン?ケミカル実験室は黒竜江省重点実験室で、ファイン?ケミカルの実験室と農産物加工の実験室は省大学重点実験室であり、ファイン?ケミカル訓練センターと食糧と食用油食品加工技術訓練センターは省級東北古い工業基地の人材訓練センターを振興するのである。学校はまた省級教育模範センターを二つ、と省級大学院生 の実験革新模範基地を育成し、そして北京で研究開発センターもある

我が学校の教師陣が強大で、構成も合理である。今専任教師は1347人である。その中に博士学位を取っている教師は72人であり、修士学位を取っている教師は679人で、専任教師の55.7%を占めている。国家の政府特殊手当を受けている専門家は19人で、博士指導教官は3人、修士指導教官は168人である。そのほかに、外国国籍の教師は26人である。教員の中に、教授は167人、副教授は442人、全体の45.2%を占めている。そして、45歳以下の教師は主体として、87.4%を占めていて、本校の卒業生ではない教師は70.4% である。学校は全国30個の省、自治区、直轄市を向って、新入生を募集する。今は全日制本科生、短期大学生

多年の実践から、チチハル大学は、「刻苦奮闘して地域貢献する」のが伝統となり、現場において着実で応用型専門人材を育成することに力を入れる. 多年にわたって、「発展は第一の任務」という基本理念を確認するとともに、さまざまな事項の改革を進め発展し て巨大な成果を収めた。キャンパス文化建設を重視し、さまざまなキャンパス文化活動の発展を積極的に促進する. チチハル大学交響楽団は黒竜江省で何度も演奏会をし、2006年に教育部の派遣で「キャンパスに良い芸術」の巡回公演に評判が高い.

在籍学生は22965人で、そのうち、大学院生は875人、外国人留学生は約200 人、成人教育の学生は約5400人である

先進的な教育設備を備えるチチハル大学は、図書館には約215.4万冊が蔵書され、電子閲覧室が六つ、社会科学や外国語資料などの専門閲覧室が六つ、現代的言語実験室、マルチメディア教室など効能的な教室が107ある。ほかに、二つのリモートセンシング教室と十四のリモート教室がある。チチハル大学は黒竜江省で一流の体育館、運動場、水泳プール、コンサートホールなどを持って、定期に国内外刊行物の『チチハル大学』(自然科学版)、(哲社版)と『高師理科学刊』を出版する.

我が学校は学術交流を重視し、国内の関連大学及びアメリカ、イギリス、日本、韓国、ロシア、カナダ、オーストリア、アイルランドなど、8国の24所大学との往来、学術交 流、協力で学校の運営を展開して、積極的な効果が取れた.